NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』(月~土 前8:00 総合ほか)のヒロイン、なつ(広瀬すず)の花嫁姿を公開。5日からの第19週では、坂場一久(中川大志)と結婚することを決めたなつが、北海道・十勝の家族らに報告するため帰省。そんな中、なつと姉妹のように育った夕見子(福地桃子)にも“春”が来て…。

【写真】雪次郎は夕見子にプロポーズ

 9日放送の第113回では、雪次郎(山田裕貴)に呼び出され、なつや坂場、天陽(吉沢亮)、夕見子らが帯広の菓子店「雪月」に集合。そこで雪次郎は、雪月で初めて自分が考案したお菓子の新作「おバタ餡サンド」を一同に披露する。

 雪次郎に促されるまま、十勝の素材で作ったお菓子を口にする一同。その瞬間、普段は厳しい夕見子までもがお菓子を絶賛。かつて、「夕見子ちゃんにおいしいと言ってもらえるお菓子を作る」と宣言していた雪次郎は有言実行を果たした上で、ついにプロポーズした。坂場はなつと夕見子の結婚式を「いっぺんに十勝で挙げませんか?」と提案する。

 あす10日放送の第114回では、なつと坂場は天陽の家を訪れる。以前から天陽の描く絵に感銘を受けていた坂場は、描かれた絵を見つめ、いつものようにある疑問を天陽に投げかける。すると、天陽は坂場の想像を上回る返答をするのだった…。そして、なつたちは無事、十勝で結婚式を挙げる模様。