男女2人組ユニット・wyolica(ワイヨリカ)のボーカル・Azumiが9日、都内で行われた音楽フェス『Dewar's Highball Crossing Festival』メディア発表会に出席。2013年にユニットの解散を発表したが、今年デビュー20周年を迎えることを受けて、デビュー記念日にあたる5月21日に再結成を発表。MCから祝福されると「ただいま。ありがとうございます」と笑顔を見せた。

【全身ショット】グリーンの膝上ワンピで美脚を披露したwyolica・Azumi

 再結成にいたるまでの動きについて「2年くらい前に『wyolicaの音楽をもう1回聞いてほしいな』と考え始めて、音源を出したい、企画をしたいといったことを、デビュー当時のスタッフ、今のスタッフに相談していました」と告白。「そこから『ベストを出しましょうか』という話になり、それだったら新曲を作った方がいいよねとなってきて『だったら再結成?』という風にぽわーんと決まっていきました」と語った。

 そこで、昨年so-toと6年ぶりに再会を果たしたそうで「ちょっと太っていて、それが面白くて爆笑しちゃって(笑)。それでちょっと和やかになって、2人で模索をし始めて。何を作っていこうということになりました」とにっこり。晴れて再結成となったが「自分のしっかりしたホームがあるって、こんなに安心感があるんだなと。ホームがあるからこそ、また違った音楽もできるなと感じています」と声を弾ませていた。

 イベントにはそのほか、シェフの森枝幹氏も出席。ベテランから新進気鋭のアーティストまで、多彩なゲストが連日出演する同音楽フェスは、あす10日から18日まで、東京・銀座のcommon ginzaで行われる。