ヒーロー三昧のひと時が楽しめるイベント『仮面ライダー×スーパー戦隊 Wヒーロー夏祭り2019』が9日、東京ドームシティ プリズムホールで開幕した。Wヒーローが大集合した展示は壮観で、中でも劇場版『仮面ライダージオウ Over Quartzer』(公開中)にも登場する平成仮面ライダーの最強フォームが並んだ一画は、子どもたちに大人気。譲り合いながら写真撮影する家族連れで大賑わいだった。

【写真】昭和ライダーも登場する「仮面ライダースーパーステージ」

 展示されている最強フォームは、劇場版の撮影に使用された“本物”。『Over Quartzer』に登場する新しい仮面ライダー、仮面ライダーゾンジスなども特別に展示されている。今年は、仮面ライダージオウ、騎士竜戦隊リュウソウジャー、そして仮面ライダーゼロワンのコーナーがそれぞれあり、いずれもフォトジェニック。有料(1000円)だが、仮面ライダーのバイクに乗った写真が撮れる「ヒーロー写真館」もおすすめだ。

 イベントの目玉である「仮面ライダースーパーステージ」は、『仮面ライダージオウ』のジオウ、ゲイツ、ウォズを中心に、クウガや電王などの平成仮面ライダーにくわえ、仮面ライダー1号、2号などの昭和ライダー、ショッカーなどの怪人も登場。2世代、3世代で楽しめる内容となっている。

 体を動かして遊べるボールプールや、射的などの縁日コーナー(別料金)、ヒーローが日替わりで場内に登場するミニステージ前も子どもたちでいっぱい。そんな中、外国人観光客の姿も見られた。