演歌歌手の氷川きよし(41)が8日、東京・明治神宮野球場で行われた東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガースの始球式に登板した。

【動画】華麗なフォームでノーバン投球した氷川きよし

 同所での東京ヤクルト戦の始球式は4年連続4度目。背番号20の東京ヤクルトのユニフォームに短パンで、約1年ぶりのマウンドへ向かうと、ヤクルトファンをはじめ、阪神ファンからも大きな声援で迎えられ、3月にリリースしたデビュー20周年記念シングル「大丈夫」を披露。指をOKにする“大丈夫”ポーズを交えながら歌うと、スタンドからは「大丈夫」「きよし」と合いの手が入り、球場を盛り上げた。

 その後行われた始球式では、左打席に入った阪神の1番打者・近本光司に対し、セットポジションから投球。ボールは高めに抜け、キャッチャーを務めた東京ヤクルト・中村悠平がジャンプしながらも捕球し、大きな拍手が送られた。

 自身の投球について聞かれ「始球式より歌唱のほうが緊張しました。投球の練習は本番前に3、4回投げました。自分で言うのも何ですが、年々上手になってきていると思います。点数は99点。ちゃんと真っすぐ、キャッチャーの方に届いたので」と自画自賛する一方、「マイナス1点は、もう少し速いスピードで、キャッチャーの方が受けきれないくらいの球を投げたいなと思ったんですけど、力がそんなにないもので」と語った。

 背番号「20」は、デビュー20周年とかけたもの。7月に日本武道館で行った記念コンサートが自身にとって大きな出来事だったと明かし、「なんか達成感で、20周年が終わったような感覚でいるんです。演出とか衣装とか全部自分でプロデュースというか、考えながらやって、燃え尽きた感じがして」と心境を吐露。

 一方で、9月6日には大阪城ホールでの記念コンサートを控え、「大阪城ホール公演では内容も衣装も部分的に変えるので、また次の山がやってきます。そこに向けて、体調とかテンション、コンディションを整えていきたいと思います」と意気込んだ。