恋愛バラエティー『あいのり』シリーズの第3弾『あいのり:African Journey』が、Netflixにて9月5日より全世界190ヶ国にて配信されることが決定した。スタジオMCにはすでに発表されているベッキーのほか、加藤諒、武田航平、丸山桂里奈が出演することも明かされた。なお、フジテレビが運営する動画配信サービスFODでは10月5日より配信開始される。

【写真】ラブラブ!熱いキスを公開したでっぱりん&じゅんき

 今回アフリカに舞台を移し新たな真実の愛を探す旅。解禁となったキービジュアルでは、スタジオMC陣がアフリカ版のラブワゴンと共に、サバンナをイメージした背景の中で、新たなあいのりメンバーの旅を見守るビジュアルに仕上がった。

 すでに初収録を終えたスタジオメンバーは全員一致で「楽しかった」と大満足。シーズン1から参加し、すっかり“ベテラン”のベッキーは「どこかであいのり3回目ということで、みなさんより経験しているので、3人にはただただ楽しんでほしいなと思っていたんですけど、そしたら(3人が)すっごい楽しんでいたから」と安堵。

 「今回もまさに時代を反映しているような、草食系男子と強いバリバリでゴリゴリな女たちの対比がとても面白いですし、個性豊かです。シーズン1、2に負けないメンツが揃っています」と太鼓判を押す。

 これまでのシーズンも視聴者として楽しんできた新MC陣のなか、加藤は「あいのり見るときって、いつも家で一人じゃないですか。だからこうやってみんなと話し合えることが、本当に楽しいですし、恋愛の勉強もさせていただけているので、本当にこの旅がずっと終わらないでほしいです」と和気あいあいとした収録を満喫。「今回のあいのりは、あいのりファンだったら、本当に嬉しい出来事や、懐かしいっていうものがたくさん出てきたりしますので、往年のあいのりファンの方々はさらに楽しめるんじゃないかなと思います」とみどころも紹介した。

 これまで“でっぱりん”や“シャイボーイ”など強烈キャラが次々と登場した『あいのり』。丸山は「新シリーズは、見るからに不器用なんだけど、食べっぷりが良いメンバーがいるんです。話もそんなに上手じゃなくて、女子は退屈だなと思う方もいるかもしれませんが、私は意外とその人がどんなことを思っているんだろうって気になって、注目したいです。食レポもやっていましたし、面白いと思いました」と早くもお気に入りのメンバーを見つけたよう。

 そして『あいのり』といえば、その国の文化、置かれている情勢や時には厳しい現実などを伝える『あいのり講座』も一つのみどころに。シーズン2にゲスト出演していた武田は「今回は舞台がアフリカで、未だに貧富の差が激しい地域ばかりだということを『あいのり講座』で知ることができますし、その状況を受けてメンバー達がどう思ったり活動したりするのかや、実際僕らもメンバーを通してアフリカの現状やどうすべきかが見えてくるので、非常に注目すべきポイントだと思います」とオススメしている。