お笑いタレントの山口智充が出演する東急リバブルの新CM「保健室の先生」篇に、女優の川口春奈が起用された。川口は、謎のおまじないで生徒を優しく包み込む“保健室の先生”を好演している。

【写真】ケガの箇所をさすりながら、謎のおまじないを笑顔で唱える川口春奈

 山口が一家のお父さん役として熱演している同社のCMシリーズは、今年で6年目に入った。長男のユータと次男のジロー、長女のサッちゃんに対し、山口が得意なトリビアを披露するストーリー展開は、毎回ツッコミどころがあり話題となっている。

 新CM「保健室の先生」篇は、とある日の夕方から始まる。鼻血を出してソファーで横になるユータ。帰宅したお父さん役の山口が「あれ、ユータ鼻血!?」と驚くも、ユータの表情はなぜかニヤニヤ…。そこからユータは、学校で起きたあるうれしい出来事について語り出す。

 場面は、保健室に一転。ケガをしたユータに対し、保健室の先生役の川口は、ある謎のおまじないを唱える。ケガの箇所をさすりながら、笑顔で唱える川口の姿に、ユータは思わず鼻血を出してしまう。回想後、うっとりした声で「リバブル先生…」とつぶやくユータ。そんなユータに山口は「どんな先生だよ!」と冷静にツッコミを入れるなど、今作もコメディ感満載な内容で描かれている。

 今回、新キャラクターとして起用された川口は、撮影の感想を聞かれると「保健室の先生役ということで、演出も面白く、あっという間に撮影が終わった」とコメント。「きっと面白いCMになっていると思うので、ぜひ見てほしい」と話している。一方、シリーズを通してお父さん役を演じている山口は、「撮影現場が、僕たちリバブル一家の思い出になっていっている。今回も、すごく楽しかった!」と語っている。

 なお21日からは新CM「イルカ」篇も放送される。モデルの渡辺早織が、イルカの調教師役を熱演。“東急リバブル”という言葉に対し、イルカが反応して動くさまは、かわいさ全開。夏にぴったりなCMとなっている。