俳優の阿部寛が主演する10月スタートのカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『まだ結婚できない男』(毎週火曜 後9:00)の追加キャストが決定。2006年7月期の『結婚できない男』から13年後を舞台とする続編には、偏屈で独善的で皮肉屋…けれど、どこか憎めない独身の建築家の主人公・桑野信介(阿部)が出会うさまざまな女性たちとして吉田羊、深川麻衣、稲森いずみ、平祐奈らが起用された。

【写真】『まだ結婚できない男』新キャラたち

 主人公で建築士の桑野信介(53)は、以前と同じマンションに一人、暮らしている。13年の間に飛躍的に進んだIT化に合わせ、スマートスピーカーといった最新機器を取りそろえるなど、引き続き独身生活を謳歌中。恋愛においては、自身の担当医だった早坂夏美と交際まで発展したものの、愛想をつかされてしまい、その後破局。少し恋愛モードに傾いていた桑野の気持ちは、再び固く閉ざされ、独り身を謳歌する生活に逆戻り。50歳を過ぎ、偏屈さにはより一層磨きがかかっている一方で、将来のことを考えると、ちょっと不安を感じないでもない。

 そんななか、桑野が出会うのが彼に振り回され、いつもぶつかり合いながらも関係を深めていく弁護士・吉山まどか(吉田)、桑野の部屋の隣に引っ越してくる謎の女性・戸波早紀(深川)、カフェ店長の岡野有希江(稲森)、桑野の姪・中川ゆみ(平)。彼女たちとの出会いによって、桑野の運命の歯車が突然動き始めることに…。今度こそ“結婚”の扉をひらくことになるのか…。

 さらに、前作にも出演していた登場人物として桑野の設計事務所のアシスタントで、現在は桑野と共同経営者となっている建築士・村上英治を演じる塚本高史、桑野の母・桑野育代を演じる草笛光子、桑野の妹・中川圭子役に三浦理恵子、圭子の夫で桑野の良き理解者でもある中川良雄役に尾美としのり。さらに、桑野といつもケンカになる大工の棟梁役に不破万作らの続投も決定。13年前から変わらない、おなじみのメンバーも顔を揃える。

 前作を視聴者として楽しんでいたという吉田は「オファーを頂いた最初の感想は、『まだ結婚していなかったのか!』でした」と未だに独身を貫く桑野に驚き。今回、阿部とは初共演となり、「シリアスからコメディまで幅広く、どの役にも説得力がある。加えて、嫌な役をやっても憎まれないのは阿部さんの人間力なのだろうなと思います。インタビューを拝見しても、キャラクターの人物造形や俳優としての在り方には共感することばかりで、今回間近で阿部さんの役作りを拝見できること、阿部さんと一緒にアイデアを出し合ってシーンを膨らますことが、とても楽しみです。桑野さんとの丁々発止のやり取りは、今作でも毎話の見どころになるかと思いますので、頭を柔らかくして頑張ります」と意気込みを語っている。