元宝塚歌劇団員で女優の遼河はるひ(43)とサッカーJリーグ2部(J2)のV・ファーレン長崎に所属するGK鈴木彩貴選手(32)が7日、結婚した。同日、それぞれブログとクラブ公式サイトで発表した。式・披露宴は未定で、遼河は、今後もタレント活動をしていく。

【写真】妖艶な悪魔コスプレを披露した遼河はるひ

 遼河はブログを通じて「本日8月7日、私 遼河はるひは、V・ファーレン長崎の鈴木彩貴さんと入籍致しました」と報告し「宝塚を退団して10年目、ようやく一人よりも二人でいる事が心地よいと自然に思える相手に出逢い、家族になる事ができました」と喜びを記した。

 鈴木選手については「笑えるくらい真面目で純粋な彼は、私に安心感を与えてくれます」といい「お互いを支え高め合いながら、謙虚さを忘れず、より一層仕事に励み、精進して参ります。今後とも、よろしくお願い致します」とメッセージ。

 鈴木選手もクラブ公式サイトで結婚を発表し「この先、どんなことがあろうとも彼女のことを全力で受け止めて守り、笑顔の溢れる家庭にしていきたいと思います」と決意し「また、今まで以上にチームの力になれるよう精進してまいります。今後ともよろしくお願いいたします」とコメントしている。

 なお、所属事務所によると会見などは予定していない。