俳優の奥野壮が6日、都内で『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系、毎週日曜 前9:00)の劇場版『仮面ライダージオウ Over Quartzer』の大ヒット御礼舞台あいさつに参加。同作にウール役で出演する板垣李光人の中性的な顔立ちに驚いたことを振り返った。

【写真】『ジオウ』共演陣の裏切りに大絶叫!愛のあるイジりを受けた奥野壮

 平成仮面ライダーシリーズ第20作記念にして、「平成」最後の作品となった『仮面ライダージオウ』。「王様になりたい」という夢を持つソウゴ(奥野)は、未来からやってきた明光院ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)との出会いによって、50年後の世界では、自分が世界を支配する魔王・オーマジオウとなっていることを知った。

 だがソウゴは、サイテーサイアクの魔王ではなく、最高最善の魔王になることを宣言。自らの運命を変え、人々が平和に暮らせる未来を作るべく、仮面ライダージオウとして戦い続けている。今回の劇場版は“本当の最終回”というべき内容となっている。

 イベントでは主要キャストからビデオメッセージが届けられた。第一印象について押田は「ジュノンボーイの後輩なんですよ。だからやっぱりライバル視は、すごくあった」と素直に胸のうちを明かした。一方、ジュノンボーイ当時の奥野については「自分にいっぱいいっぱいで見てない」とオチをつけて笑わせた。大幡は「大人っぽいのに『17歳です』って言われて、2個も年下なのって思いました」と振り返る。渡邊は「背筋が伸びた、イジりがいのない好青年」とニヤリとしたが「さわやか。でも、しゃべると責任感がありますね」と感じていたそう。

 そんなメッセージを受けて、奥野も自身が感じたジオウキャストの第一印象を振り返った。強烈な印象なのは中性的な顔立ちが特徴の板垣だったそうで「衝撃でした。どっちだ、みたいな。失礼ながら聞きました。『男です』って言われて『かわいいな、お前』と」とファーストインプレッションを回想していた。

 ウールは7月28日放送回でオーラ(紺野彩夏)に裏切られ、悲劇の最後を迎えたばかりだが“王様”にとって忘れられないキャラクターとなったようだ。

 舞台あいさつには映画『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』に出演する一ノ瀬颯も参加した。