昨年末に開催された日本最大級の同人誌即売会『コミックマーケット95(冬コミ)』で、TOKIOのメンバー長瀬智也のコスプレ姿を披露した杉本倉規さん。そのクオリティーの高さに、ネット上ではまたたく間に拡散され、「予想以上に似ていたw」「パッと見た感じマジで本人」と話題に。その後、ツイキャスやインスタライブ配信なども始め、モノマネ番組への出演も果たすなど、長瀬智也コスプレの活動の幅を広げている。また、元保育士という肩書にも驚きだ。今月開催される「夏コミ」にも長瀬智也コスプレで参戦するという杉本さんに、長瀬智也のコスプレを始めたきっかけや、コスプレする上で心がけている点などを聞いた。

【写真】激似すぎ? 半ズボンでランドセルの長瀬智也コスプレも話題に

■フォロワーが一気に20倍 保育園の同僚や保護者の方からも大反響

――昨年末のコミックマーケットに長瀬智也さんのコスプレで参加し話題となったと思いますが、どのような反響がありましたか?

最初は写真を撮って下さった方のツイートがバズった流れで、自分のツイートも通知が鳴り止みませんでした。その後、コスプレやコミケと無縁の友達から「ネットニュースのトップページに載ってるんだけど!」と連絡が来て、フォロワーさんからも「ネットニースになってますね!」とリプライが来ました。一気に疲れが吹っ飛び、ずっとエゴサしていました(笑)。200人だったフォロワーさんが一気に4000人に増えました(笑)。そして、年明けにその当時勤めていた保育園に出勤すると、同僚や保護者の方からの反響がとにかくすごかったです(笑)。

――自身が長瀬智也さんに似ていると気づいたのはいつです?

浪人生のとき電車内で、「あの人長瀬くんにめっちゃ似てる」ってこっちを見て言われたんですよ。その後、長瀬智也さんが『白線流し』など、ドラマの主演作を増やしていくにつれ、周りから言われる機会も増えました。色んな人に色んな場所で言われ続けることで、似てるのかなって思う様になりました。

――長瀬智也さんのコスプレを始めたのは、いつからでしょうか?

最初は、去年のハロウィンでの1回限りで始めたことなんです。まだ渋谷でのハロウィンが賑わっていない10年ほど前から、ハロウィン仮装をしていました。しかし、ここ6年位の東京のハロウィンって仮装して馬鹿騒ぎするのが主流みたいになってきていて、年々マナーなども悪くなってきており、それがすごく嫌だったんですよ。その上、自分の仮装ではなく、顔のことばかり言われて、もう都内のハロウィンが嫌になりました。なので、昨年のハロウィンで一旦東京でのハロウィン仮装は辞めようと決めました。そして、そんなに顔のことばかり言ってくるんだったら最後くらい皆が望むものを! ということで、長瀬智也さんのコスプレをすることにしたんです(笑)。なので、ハイクオリティのカードを友達と共作し、ハロウィン当日の10月31日にオリコカードの長瀬智也さんで都内へ行きました。

――長瀬智也さんコスプレの完成度を上げるためで、こだわっていることは何ですか?

衣装や小道具ですね。オリコカードはかなり頑張ってクオリティーを高めていますし、“オープンハウス長瀬智也さんコス”の衣装に関しては、似ている衣装ではなく実際にCMで使用されている衣装とまったく同じものを着ています。

■やるからには徹底的に「“似ている衣装”ではなく実際に使用されていたものを用意」

――初めて長瀬智也さんコスプレをしたとき、抵抗はありましたか?

少なからず抵抗感はありました。何故なら、長瀬智也さんご本人やご本人と近しい方と面識があるからです。そして、長瀬智也さんのコスプレをする際には抵抗感以上に、ご本人のイメージにないことは絶対にしないとすごく注意を払いましたし、今もそれは続けています。

――Twitterのコメントなどで、批判的な意見などはございましたか?

ありがたいことに、TOKIOさん・長瀬智也さんのファンの方を含め、多くの方々から「似ていますね」と楽しんでもらえたので、批判的な意見は1割もなかったです。叩かれても仕方ないと思ってましたので、本当にありがたかったです。また、14年前にご本人から似ていると雑誌の記事で言っていただけているので、SNSで似ていないとコメントされても、大丈夫です。既にご本人から似てると記事にしていただけているので(笑)。

――Twitterのプロフィールには元保育士とありますが、お仕事は何ですか?

保育関係でやりたいことがあるので、そのために色々動いています。正規職員ではないですが、もうすぐ保育士を再開する予定です。

――夏コミは参加されますか?

2日目に“オープンハウスの体操着姿の長瀬智也さん”を、3日目には1番見たいと要望がある“オリコカードの長瀬智也さん”をする予定です。初めて真夏にスーツを着てのコミケなので、体調面だけは十分に気をつけて、多くの方に見て楽しんでもらえればと思います。もし早々にギブアップしてしまったらごめんなさい…。

――長瀬智也さんのコスプレイヤーとして、今後の活動などございましたらお教えてください。

今後は、似ている人として活動の場が色々と増えていくのでSNSだけでも良いですし、生を見に来ていただけるでも良いですし、何らかの形で自分”見て楽しんで頂ければ嬉しいです。ただ、やっぱり自分は、いろんなキャラに扮する訳でもメイクする訳でも無いので、コスプレイヤーではありません。ただ、“似ている人”という認識です。コスプレイヤーの皆さんは、それらをすごく頑張って好きなキャラに変身しているので自分は足元にも及びません。