俳優の渡辺謙(59)が、8月10日放送のNHK BSプレミアム『君は天才!~渡辺謙がコメディーに挑戦!!』(後10:00)に出演する。三谷幸喜監督などの作品でコメディーシーンに携わったことはあるが“本格コメディー”への挑戦は今回が初。このほど行われた会見では「僕の中で大きな挑戦」と話した。

【写真】ドヤ顔?を決める渡辺謙

 今回のコメディー特番は、とある広告代理店が舞台。渡辺が豪快な営業部長を演じ、長谷川京子、要潤、山中崇、上川周作、池田エライザ、北村匠海ら豪華共演陣が、部下やクライアント、ライバル会社の人間に扮する。

 これまで同局では大河ドラマを始め、数々の作品に出演してきた渡辺だが、放送直前の会見では「素晴らしい作品に出させてもらい、それなりに自信を持って、このNHKの玄関をくぐってきたつもりですが、きょうほど自信なく皆さんの前に立つことはない」と自虐気味にポツリ。

 それでも出来栄えについては「今までNHKで描けなかったことまでトライしながら演出家、脚本家の方々と作った。これほどNHKのコンプライアンスと戦った作品は初めてじゃないかな」と胸を張る。

 これまでの“俳優・渡辺謙”からは、想像も出来ないようなコメディーシーンにも挑戦している。撮影現場は「ノーペイン、ノーゲイン」が合言葉。「落とすにしてもタライにするか、水にするか。コントの定石はどうなんだろうと(悩んだ)。水にしても当初、制作側が予定していたよりも多く、首に影響が出るくらいの水を用意してもらいました。一応、体を張ってやらせていただきましたよ」と白い歯をみせた。

 早くも次回作を期待する声も飛んだが「またこういう企画をやらせていただけるなら、いろんなやり方で膨らませたり、掘り下げたり、逆に全部をすっ飛ばしたり。そういうことをもっとやってもいいのかな」と意欲を示していた。