AKB48チームB研究生の大竹ひとみ(20)が、風邪によるせきの影響でろっ骨を骨折し、活動を制限することが6日、AKB48の公式ブログで発表された。

【写真】AKBグループの歌唱力決定戦に出場した大竹ひとみ

 「大竹ひとみについてお知らせ」というエントリーで「風邪によるせきの影響で、脇腹付近に痛みがあり、病院にて診察を受けたところ、右第10ろっ骨骨折と診断されました」と骨折を発表。「当面は安静が必要なため、活動を制限させていただきます」とし、8日の公演を休演することも明かされた。

 最後は「ファンの皆様にはご心配をお掛けいたしまして誠に申し訳ございません」と結んだ。ファンも反応し、「心配ですね」「お大事に」などの声が寄せられた。