お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平の熱い“プロレス愛”がほとばしるAmazon Prime Videoのプロレストークバラエティー『有田と週刊プロレスと』ファイナルシーズン(※毎週水曜更新)。7日に配信される第5回は、平成ノブシコブシの吉村崇をゲストに迎えて、PRIDE.21の高山善廣とドン・フライの闘いを語る。

【動画】『有田と週刊プロレスと』ファイナルシーズン、初回ゲストはチュート福田

 番組では、有田が雑誌『週刊プロレス』を教科書代わりにして、毎回多彩なゲストを迎え、豊富な知識とトーク力で語りまくって、プロレスから学ぶべき人生の教訓を伝授。プロレス史に残る衝撃事件や、語り継がれる伝説の試合をドラマチックに語り切る、有田の卓越した話術、約40年間のプロレスファン歴に裏打ちされた圧倒的な知識量、何も知らない相手に興味を抱かせ、最終的にはある種の感動を覚えさせるほどの構成力が光る内容となっている。

 この日、有田に手渡されたのは、痛々しい高山の顔とともに「男に妥協なし、凄いぜ高山!」の文字が掲載された週刊プロレス2002年7月9日号の表紙。有田が「観客全員、スタンディングオベーションだった!」と語る両者のファイトに、倉持明日香と吉村も感動する。

 今もなおファンの間で語り継がれる“プロレスラー”高山善廣の「世界一格好いい完敗」とは、一体どのような試合だったのか。有田も「みんな高山さんのことが好き。なぜならこの試合を見たから」と力説する、日本格闘技史に残る壮絶かつ感動的な一戦の全貌に迫る。