シリーズ最大のヒット作『ターミネーター2』(日本興行収入95億円)の正統な続編として注目を集める、映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』(11月8日公開)の特別映像が解禁された。アーノルド・シュワルツェネッガー演じるT-800 のアクションシーンを見ることができる。最強の最新型ターミネーター<REV-9>と対峙するその姿は、まさに“あの”ターミネーターが戻ってきた、とファンならずとも興奮すること間違いなしだ。

【動画】シュワちゃん演じるT-800のアクションシーン

 さらにメイキング映像では、シュワルツェネッガーが「“ハードに演じる”それが『ターミネーター』だ」とコメントしながら全く歳の衰えを感じさせない強烈なアクションシーンを見せており、『ターミネーター2』の世界を踏襲しながらも
過去作を優に超える迫力とスピード感に期待が高まる。

 1984年に第一作がジェームズ・キャメロン(『アバター』『タイタニック』)の監督・脚本で製作され、大ヒットシリーズとなった『ターミネーター』。その最新作に、シリーズのレジェンドであるシュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトンの最強タッグ、『ターミネーター2』以降、シリーズへの直接的な関与がなかったキャメロンが製作に復帰。『デッドプール』のブッ飛んだ脚本と演出で一躍高い評価を得たティム・ミラー監督がメガホンを取る。

 先月、米サンディエゴにて開催された世界最大のポップカルチャーの祭典「コミコン・インターナショナル」に登場したアーノルドは「僕は『ターミネーター』中毒だから本作に戻ってくる必要があったんだ。みんなは、本作が本当に素晴らしいものになっているから驚くと思うよ」と公開を楽しみにしているファンに向けて、期待を高まらせるメッセージを贈った。

 また、シリーズへの復帰が話題になっているリンダはカムバックを決断した理由について「キャラクターは同じだけど時がすべてを変える、ということにとても興味をひかれたの。すごくたくさんの可能性があると感じたわ。私がサラ・コナーをさらに掘り下げることができると思ったの」と、サラ・コナーへの愛にあふれる想いを明かした。

 さらに、今回プロデューサーに復帰したキャメロンが、ライブストリーミングでサプライズ登場し、キャメロンの口から『ターミネーター2』でジョン・コナーを演じたエドワード・ファーロングが、同役で本作に戻ってくることが告げられると、会場一体は大熱狂に包まれていた。

(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.