女優の高畑充希が10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『同期のサクラ』(毎週水曜 後10:00)に主演することがわかった。自身が主演し、続編も放送されるほど人気を博した2017年7月期『過保護のカホコ』を手掛けた脚本家・遊川和彦氏ら制作チームが再び集結。高畑は過疎の離島で育ち、夢のためには、どんな障害にも自分を曲げない、忖度できない主人公・サクラを演じ、サクラの駆け抜けた10年間を、1話ごとに1年ずつ、描いていく。

【写真】『カホコ』では竹内涼真とのカップルが話題に

 遡ること10年前の2009年春。スーパーゼネコンの最大手『花村建設』で精鋭たちが集うこの大企業の入社式に、明らかに異彩を放つ田舎者丸出しの新入社員がいた。その名はサクラ。彼女は『故郷の島に橋を架ける!』という夢を語ることをはばからない。しかし、新入社員研修で、「どうしても自分を貫いた」ことで、会社人としての歯車が徐々に狂い出す。

 どんなことにも、真正面から向き合うこと。それが「今を生きること!」。出会った時は、関わりたくないと思ったけれど『夢』のために何があろうと自分を貫くことの素晴らしさを教えてくれた、“同期のサクラ”そして、サクラが夢や愛する人を失い、絶望の淵に沈んだ時、同期たちが立ち上がる。絶対に夢をあきらめないサクラと、彼女を見守った同期たちとの10年間に及ぶ記録を映し出す。

 「生まれ育った離島に橋を架けたい!」という夢だけをもって、東京の大手建設会社に就職したサクラは同期全員が何か「強い想い」を抱いて仕事をするものだと思い込んで上京してきたのに、実は全くみんな違っていることに驚き、戸惑う。しかしどんなことがあっても“忖度”しない、ニューヒロイン・サクラ。高畑は「『変わっていくことが大人になること』って言われがちですが、『大人になるって何なんだろう?』、『変わらないって何だろう?』『変わるって何だろう?』というのを繊細に描いていければと思っています」と展望する。

 自身のヒット作の制作チームが再び顔を揃えることに「信頼できる方々と、またご一緒させていただくことが出来て大変光栄です。よく知っているチームの皆さんとやるからこそ、新たに『飛び込んでいく勇気』をもって、ドラマを作っていけたらいいなと思います」と意気込み。「私にとってもサクラは、新しい挑戦の連続になると思うので、不安も恐怖もありますが、みんなで絶対に面白い作品にしようという気持ち満々で取り組んでおりますので、ぜひ楽しみにしていただければうれしいです」と呼びかけている。

  
 『カホコ』や『家政婦のミタ』など数々のヒット作を手掛けてきた遊川氏は今回もオリジナルストーリーに挑戦。「このドラマは、人の成長を描くドラマですが、人は一体いつ「大人」になるのでしょうか?『大人』になるとは何なのでしょうか?この主人公は周囲の声など気にせず、10年間変わらない。そんな人間がどうなっていくのか?そんな人間がいて欲しいという思いを込めて、作っていきたいと思います」と作品に込めた想いを明かしている。