ギタリストのMIYAVIが、10日放送のNHK総合『SONGS』(毎週土曜 後11:00)に出演。7月に初共演した矢沢永吉、先輩ギタリスト・布袋寅泰らがコメントを寄せることが明らかになった。

【写真】DAOKOと「千客万来」を披露するMIYAVI

 「サムライ・ギタリスト」としてワールドワイドな活躍をみせているMIYAVIは、演技やファッションの活動や、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使を務めるなど、ミュージシャンの枠に収まらない活動を繰り広げている。なぜこれだけ精力的な活動を展開しているのか、MIYAVI自身へのロングインタビューを敢行し、その活動の根底にある思いを明らかにする。

 さらにゆかりのある人たちからのメッセージとして、7月6日に行われた夏フェス『E.YAZAWA SPECIAL EVENT “ONE NIGHT SHOW 2019”』で初共演した矢沢永吉、MIYAVIが敬愛する布袋寅泰、これまでに何度もMIYAVIを撮影している写真家で映画監督の蜷川実花氏、その蜷川氏が監督を務めた映画『Diner ダイナー』の主題歌「千客万来」でコラボしたDAOKOがコメントを寄せる。

 スタジオでは、DAOKOとの「千客万来」、現在進行形の「日本」の魅力を表現した「No Sleep Till Tokyo」を披露。また、2015年に初めて訪れた難民キャンプで子どもたちの前で演奏した「The Others」では、「皆、それぞれ違うけれどそれぞれの色があってそれぞれが自分自身」との曲のテーマに沿って、さまざまな国籍の観客がスタジオに集結。今回のためだけのスペシャル・キッズ・クワイア(合唱団)と共演し、音楽で一つになる。