ウッチャンナンチャンの南原清隆が、四国を舞台にしたNHK総合の音楽特番『もっと四国音楽祭2019』の司会を務めることが決定した。氷川きよし、STU48、SASUKE、丸山純奈らが出演し、9月20日に南原の故郷、香川・高松のレクザムホールで公開収録が行われる。

【写真】氷川きよし、STU48ら出演アーティスト

 昨年に続いて2回目の放送となる同番組は、新たに南原を司会に迎え、出演歌手たちと「四国トーク」を展開。熱い想いを聞き出したり、緊張をほぐしたりとステージを盛り上げる。出演者は四国の絶景映像をバックに歌い、四国の魅力を伝える。

 デビュー20周年の氷川きよしは、四国で暮らす人々と自身の代表曲で共演。四国ゆかりのアーティストとして、今年徳島から東京へと活動拠点を移した丸山純奈が初凱旋し、進化する“天使の歌声”を披露。愛媛県在住の15歳の注目トラックメイカー・SASUKE、4月に専用の「船上劇場」が完成した瀬戸内7県を拠点するアイドルグループ・STU48も登場する。

 番組は9月20日に収録され、10月18日(後7:30~8:43)にNHK総合で四国地方向けに放送。BSプレミアムで全国放送(放送日未定)も予定されている。番組ホームページでは観覧希望者を募集中。

■『もっと四国音楽祭2019』
司会:南原清隆、首藤奈知子アナウンサー(NHK松山放送局)
出演者:STU48、SASUKE、氷川きよし、丸山純奈 ほか(50音順)
収録日:9月20日(金)午後7時30分~/香川・レクザムホール