演歌歌手・島津悦子(57)が5日、寛骨臼形成不全(臼蓋形成不全)に伴う変形成股関節症のため、今月14日に人工股関節置換術を受けることを公表した。13日から約2週間の入院を予定している。

【一覧】島津悦子のシングルランキング

 島津は自身のブログでも症状を報告。幼少期の股関節脱臼の後遺症で、進行を4段階に分けると「3」といい、「赤ちゃんの時に両足股関節脱臼でギブス(当時は石膏)をしていました」「痛みが出だしたのは、デビューして間もない頃でした。店頭キャンペーンで着物着ての歩き・電車移動が1番辛かった事を覚えています」と振り返った。

 当時「寛骨臼回転骨切り術」を勧められたというが、復帰に半年かかると診断され、「休みが取れない状態でしたので手術は断念しました。このとき手術していれば、一生自分の股関節で歩けたかもしれませんね。その後、痛かったり痛くなかったりの繰返しで57才まできましたが、いよいよ今年になって痛みがずっと持続し、寝てても足全体か疼き痛くて寝れない状態になり、日によってはステージに立ってるだけで足がプルプル震えるくらい痛い状態になってしまいました」と明かした。

 今手術を受けないと「もっと進行して歩くこともできず、車椅子の生活になる事間違いなしなんです。良くなる事は絶対にありません」というところまで悪化。「この先まだまだやりたい事あるので、これまでお世話になった愛しい股関節に『57年間ありがとう』とお別れし、新しい股関節に『これからの人生一緒に歩いてね。宜しくね。』と言うつもりです」と胸中をつづり、「痛みを除いては元気なので、これからも末長く応援して下さいね」と呼びかけている。