AbemaTVのオリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミちゃんには騙されない』(毎週日曜 後10:00)の第4話が、4日にオンエアされた。ゆいとが第一印象から好意を抱いていたあいりとデートを実現させたが、まさかの“飛び入り”に動揺を隠せない展開となった。

【写真】飯豊まりえも涙… 恋が動く『オオカミちゃん』第4話

 第3話で太陽LINEを使い、あいりをデートに誘ったゆいと。当日の朝、2人はアトリエに姿を見せなかったが、ゆいとへ恋心を抱くほのばびはデートに参加せずにアトリエへやってきた。本音を隠して作業に励むほのばびだが、いとが「もっと素直になったほうがいい」とアドバイスする。

 ムーミンパークで2人きりのデートを楽しむゆいと&あいり。一緒にゲームを楽しみ、自撮りし、カフェではケーキを食べさせるなど、まるでカップルのような雰囲気を漂わせ、ゆいとはニヤニヤが止まらない。ちょうど七夕時期だったので、2人は短冊に願い事を書くことになり、ゆいとは「あいりとこのままでいたい!!」と思いをつづった瞬間、「こんにちは~」と2人のもとにほのばびといとがやってきた。

 突然のことに驚きの表情を浮かべるゆいとは、短冊を見られないように必死に隠す。いとはゆいとを呼び出し、「ばびちゃんも傷つく覚悟で来ているから、思いをちゃんと伝えて次の恋に進ませたあげたほうがいい」と告げる。それを聞いたゆいとは、ほのばびに思いを伝えようとするが、なかなか言葉で表現できず頭を抱えてしまう。ほのばびから「ハッキリ言って。中途半端に言われても…」と責め立てられると、ゆいとは意を決して「一旦は俺のことを諦めて、他の人を探そう」と伝えた。

 「大丈夫。気にしないで」と気丈に振る舞うほのばびだったが、ゆいとが去るとこらえていた涙があふれてしまう。スタジオで見守っていた横澤夏子や飯豊まりえも、このシーンには目をうるませていた。

 一方、アトリエでは残されたメンバーが作業に励んでいた。前回でかずまとミチが2人だけで作業を行い、“影キス”写真を撮影していたが、ミチを想うルードと、かずまを想うゆうかがその写真を発見した。そんなゆうかを想うひろむが「一緒に料理を作ろう」とゆうかをキッチンに誘い、2人はカップルのように楽しそうにオムライスを作る。カフェへの準備の作業は順調に進みながらも、それぞれの恋心が交錯していく…。

 そして、レコーディングのため一足先にアトリエを後にしていたルードが太陽LINEを送信し、ミチを自身のライブに誘う。ミチは「行きます」とメンバーの前で宣言するが、ライバルのかずまは行くことができない。ひろむも参加を伝えると、ひろむを想ういとも参加すると表明。恋愛模様が大きく動くなか、次回の第5話では、「運命の中間告白 1時間SP」として放送されることが予告で発表された。

 本番組はAbemaTVで見逃し視聴が可能。