BoA、東方神起、SUPER JUNIORらSMエンタテインメント所属の歌手が一堂に会すイベント『SMTOWN LIVE 2019 IN TOKYO』が4日、東京ドームで開催された。

【写真】圧巻のパフォーマンスをみせた東方神起

 日本では8年連続9回目となる今回は、宇宙空間『SMTOWN』にボーイズグループ・NCT DREAMが乗り込んだ『FANTASIA EXPRESS』がさまざまなアーティストの“惑星”を巡るというコンセプトでライブが進行。途中、“惑星”同士をつなぐコラボステージでは、ダンサーとラッパーによるバトルなど、ここでしか見られない貴重なコラボが実現した。

 なかでも注目を集めたのが、U-KNOW(=ユンホ/東方神起)とBoAによるステージ。特に仲のいい先輩後輩として知られる2人が息の合ったパフォーマンスを披露。キス寸前のセクシーな動きも見せ、満員の観客を沸かせた。

 これ以外にも、東方神起は単独コンサートでは披露することが少ない韓国語バージョンで最新曲をパフォーマンス。ソロ初のアリーナツアー真っ最中のテミン(SHINee)は、これまでの公演ではまだ披露していない新曲「Famous」を初披露。「ドキドキした」と言いながらも、「もう1回見たいですか? そしたらMVを観てください」などと笑いも交えながら、新曲をアピールするなど、出演アーティスト単独でのステージでもそれぞれの持ち味をいかんなく発揮した。

 また、NCT 127のYUTAは日本オフィシャルファンクラブがついに発足したことを、EXOのリーダー・SUHOは10月から日本ツアーを行うことを、KYUHYUNが活動を再開させたSUPER JUNIORは秋に新作の発売を告知するなどして歓声があがった。

 2008年にスタートした『SMTOWN LIVE』は、これまでに12ヶ国15都市で50公演を開催され全世界で150万5000人を動員。日本では3日から、きょう5日まで開催される。