お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰が、3日深夜放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土曜 深1:00)に出演。これまで住んでいた風呂なしアパートの「むつみ荘」から引っ越しを行ったことを報告した。

【写真】DVD発売記念イベントの模様

 春日は今年4月にTBS系バラエティー番組『モニタリング』で、かねてから交際していたクミさんにプロポーズ。放送後に行われた会見では、結婚後の新居について「まぁーもちろん、2人では狭い部屋ですから、ゆくゆくは(引っ越したい)。風呂なしの部屋から一軒家に住みたいと言っていましたから。買いますね、やっぱり自分の城をね。予算はどれくらいかわからないですけど、場所とかにもよるんじゃないですか。ちょっと郊外がいいかも」との見通しを語っていた。

 この日の放送で、春日は「私、先週か。引っ越しをついにね、しましてね。部屋を見つけているみたいな話はしていましたけど、いい物件が見つかりまして」と告白。「引っ越しをするのは初めてに近いんですよ。実家からむつみ(荘)に荷物を動かすのは、20年ぶりなのよ。引っ越しってどういうものなのかわかってなくて、単純にむつみをまんま移動すればいいと思っていた」と引っ越し前の心境を語った。

 クミさんに手伝ってもらいながら、トラックが来るギリギリに荷作りを終え、何とか引っ越し作業を終えた春日のもとに、むつみ荘の大家の息子と娘が待ち構えていたといい「下で大家さんの息子さんと娘さんがいてさ、あいさつするじゃん。わざわざ引っ越しだって来てくれて。20年ありがとうございましたと。こちらこそって言ってくれて。新しい門出のお祝いにって花束をもらってさ。引っ越しすると花束がもらえるんだね」とかみしめるように話した。

 無事に新居に引っ越した春日だが「旅立っていったわけですよ。でも、さみしいんですよ。もう1週間くらい経っているんだけど、毎日むつみ荘を見に行っちゃう。外観見ないと落ち着かないのよ」と早くもロスに陥っていることを打ち明けていた。