北海道コンベンションセンターで開催中の『みんわらウィーク』で4日、笑顔あふれる世界にするために国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を発信する『SDGsウォーク2019』オープニングイベントが行われた。

【写真】EXIT、NMB48らも参加したオープニングイベント

 「SDGsウォーク」とは、参加者が芸人やアスリートと楽しく歩きながら、国連が掲げる持続可能な17の開発目標「SDGs」を学ぶイベント。コースの途中には、「SDGs」で目標とする17種類の缶バッジが置かれる「SDGs」ポイントが数箇所設けられ、参加者はそれぞれ気になるものをピックアップしていく。

 2キロコースと10キロコースに分かれており、2キロコースには河本準一(次長課長)、アキナ、EXIT、ゆりやんレトリィバァ、すっちー、酒井藍、吉田裕、NMB48の堀詩音、菖蒲まりん、太田夢莉、加藤夕夏、小嶋花梨、上西怜、元プロ野球選手の星野伸之氏が参加。10キロコースには、元プロ野球選手のカズ山本氏、元プロサッカー選手の永島昭浩氏、平山相太氏らが参加した。

 『みんわらウィーク』は吉本興業が北海道の協力のもと、お笑いの輪を全道に広げるイベントで、今年で4回目。8月8日を「道民笑いの日」と制定し、「笑い」の力で健康長寿の北海道をめざしてイベントを展開する。昨年は開催8日間で6万3000人の動員だった。

 今年は「笑いを力に!~笑顔でつながる179市町村~」をテーマに、2日から8日までの7日間開催。札幌コンベンションセンターをメイン会場に、お笑いステージから吉本新喜劇、食、各所ブース、ワークショップまでが同所で開催される。