お笑いコンビ・アルコ&ピースの平子祐希が、8日放送のテレビ朝日系バラエティー『アメトーーク!』(毎週木曜 後11:20)の「もっと売れたい芸人」に出演することが決定。同番組の演出を手がける加地倫三氏との因縁があった平子は“出禁”状態となっていたが、めでたく解除となった格好だ。

【写真】ラジフェスでハライチ、うしろシティと共演したアルピー

 事の発端は、5月22日深夜に放送された、テレビ東京の佐久間宣行氏がパーソナリティーを務めるニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水曜 深3:00)。翌週に加地氏がゲスト出演することを受けて佐久間氏が、平子が初めて『アメトーーク!』に出演した際のエピソードを披露。普段は温厚な加地氏が、映画『フルメタル・ジャケット』に登場するハートマン軍曹さながらの説教を20分間にわたって行っていたという様子を「加地メタル・ジャケット」と表現していた。

 その翌週29日深夜に、加地氏が生出演して「事実じゃないことがある。初めてじゃなくて4回目くらいかな。それ以外は全部合っている」と笑顔で告白。「猫舌芸人っていう回で、そういうのを『平子る』っていうんでしょ。普通の人が聞いてもわからない例えをずっと終始していて…。それで素材を見直したら、カニクリームコロッケが熱いっていう話で『地球のコアだ』ってずっと言っているのよ。流されているのに、何回も言っていて」と振り返った。

 加地氏は続けて「お客さんが引いていくのがわかったから、これはダメだと。マネージャーも知っているから、収録の後に『平子って、こんな感じだったっけ?』って言って。それで、エレベーターの前で、本人に『なんであんなこと言うんだい。普通に笑いを取ることはできないのかい』って言って(笑)。それで、もう4年くらい経つかな。そこから、『アメトーーク!』の会議で平子って名前は会議でもあがってない。NGに近い」と告白した。

 そんな中、先月23日深夜放送のTBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』で、平子が『アメトーーク!』の収録に行ったことを報告。「普通、スケジュールは携帯にカレンダー式で更新されていくんだけど、その話だけはマネージャーから直接メールで『アメトーーク! 決まりです』ってきて。オファーの段階で震えた」と当時の様子を明かした。

 収録当日、撮影が始まる前に加地氏とバッタリ対面したそうで「スタッフさんと加地さんが歩いている様子が『白い巨塔』みたいに見えたんだけど。加地さんも気づいたみたいで、顔隠して忍者みたいに逃げて」とうれしそうに明かしながら「『ちょっと、どこ行くですか』って言って抱きしめて。スタッフ、四千頭身とかが周りにいて、みんなラジオを聞いているから、オレが加地さんを捕まえた瞬間に、周りが『オー』ってなりました」と語った。

 平子が久しぶりの対面に感慨深く浸っている一方で、加地氏は「電波では、よく声聞いているけどね」と返答したそうで、和やかな雰囲気の中で収録がスタート。肝心の内容について、平子は「分厚く話をしたいんだけど、本番何をやったか覚えてない。もちろん緊張もある中で、オレ何しゃべったっけって。翌日になるにつれて、あそこでこんなことしゃべって変な感じになったなって身もだえするっていう。悪いことしか思い出さないからさ」と話した。

 加地氏の“NG発言”の真意については「加地さんは『出禁に近いです』って言っていたけど、そんなことないのよ。オファーももらっていたしね。ただ、そのテーマについて話せる、話せないっていうのがある中で、今まで出なかったっていうのもあるから。おもしろおかしく言ってくれて、そんなことないから」と明かしていた。