日本全国の知られざる田舎の実態を徹底調査する、テレビ朝日系秘境バラエティー『ニッポン秘境旅~こんな田舎がアルか否か!?~』の特別編が、3日(後2:59~4:25※一部地域を除く)、4日(前10:00~11:45※一部地域を除く)と2日連続で放送される。3日のテーマは「車じゃいけないSP!」と題し、“交通困難地”と呼ばれる秘境を徹底調査。4日は「旬の食材いっぱい!秘境駅弁を作ろうSP」を放送。都会では味わうことのできない豊かな自然、心温まる村人との触れ合いにほっこりできる2日間。

【写真】山奥にある大人気の温泉宿とは?

■内藤大助と片岡安祐美が“交通困難地”の温泉宿を調査

 “交通困難地”とは、日本郵便が定めた郵便物を配達することができない地域のことで、車道が無く、当然車で行くことができない場所。ところが栃木県の奥地「奥那須」に、車はおろか人が歩くのも困難な場所にあるのに、大人気の温泉宿があるという。なぜこんな山奥にあるのに大人気なのか? 体力には自信がある内藤大助と片岡安祐美のアスリートコンビが調査する。

 携帯の電波も入らない(?)とウワサの温泉宿には疑問がいっぱい。宿の予約はどうしているのか? 電気はどこから? 宿泊者の食事は? そこには秘境ならではの驚きの方法が。そして訪れた人が大絶賛する那須の雄大な山々を眺めながらの絶景露天風呂は必見だ。

 もう一か所は、静岡県川根本町にある、こちらは秘境駅。駅周辺に民家や商店が一切見当たらない湖に囲まれた秘境駅。なぜこの場所に駅が造られたのか。秘境駅の調査には俳優の金子貴俊が向かった。こんな場所にもかかわらず、実は外国人観光客に人気だという意外な理由とは? さらに始発から終電までの利用者を調査、果たして一日の利用者数は?

■花田虎上と篠山輝信は地元食材で秘境駅弁作りに挑戦

 これまでさまざまな秘境駅を調査してきた番組に、今回ある鉄道会社から「駅弁を作って欲しい」という依頼が舞い込んだ。篠山輝信と花田虎上が、路線のほとんどが“秘境駅”だという秘境路線を巡り、地元の美味しいものを集めてオリジナル秘境駅弁当作りに挑戦する。

 秘境駅からまた秘境駅に移動し、地元の人から地のもの・旬のもの情報を集め、中には食材をくれる人も。町で出会った釣り名人から魚を分けてもらうなど、出会った人の顔が浮かぶ愛情たっぷりの食材で作った駅弁の出来栄えは?