ミュージシャンの岡崎体育が、NHK総合で放送中のドラマ10『これは経費で落ちません!』(毎週金曜 後10:00、全10話)の第3話(9日放送)に出演する。連続テレビ小説『まんぷく』での日系人兵士チャーリー・タナカ役の好演が記憶に新しい岡崎。今回は、主人公の経理部の森若さん(多部未華子)を悩ませるダメ社員として登場する。

【写真】岡崎体育が出演する第3話(8月9日放送)場面写真

 『これは経費で落ちません!』は、領収書や請求書を通して経費に関わった人々の怪しい事実や、悩める人生をコミカルに描く、新たなオフィスドラマ。第1、2話と経費から見えてくるワケありの人物たちの切実な悩みに共感の声とともに、森若さんが“何事もイーブンに”解決していく姿が爽快に描かれている。

 第3話「逃げる男の巻」で、岡崎が演じるのは、地方の営業所から本社に戻ってきた営業部員の馬垣和雄。山崎(桐山漣)の1期上だが、今では営業成績ナンバー1の山崎の方が上司にあたる。昔から自分にまずいことがあると、その場から逃げてしまう癖がある。そんな彼のある行動が経理部、営業部を巻き込んだ騒動を引き起こす。

 岡崎は「岡崎体育も普段から責任転嫁ばかりして生きているので、ダメな馬垣を演じているという感覚は全くなかったです。超自然体で撮影に望むことができました。あれ、これって僕のドキュメンタリー作品でしたっけ? ってくらいでした。違うか」と、コメントを寄せている。