お笑い芸人・とにかく明るい安村が4日、北海道コンベンションセンターで開催中の『みんわらウィーク』内で行われた、法務省のイベント『第69回 社会を明るくする運動』PRステージ「RE:スタート~社会を明るくするチカラ~」に登場した。

【写真】ウォーキングイベントにはEXIT、NMB48らも参加

 「リスタート」がイベントのテーマのひとつとなっていることにちなみ、最近の様子を聞かれた安村は「めちゃくちゃ暇ですね。家族と楽しく余生を過ごしています」と明るいトーンで紹介。一昨年7月のイベントでは、93キロから16キロの減量に成功したことを報告していたが、すっかり体重も戻ってしまったようで「パンツがきれいに隠れるようになりました」と打ち明けていた。

 『みんわらウィーク』は吉本興業が北海道の協力のもと、お笑いの輪を全道に広げるイベントで、今年で4回目。8月8日を「道民笑いの日」と制定し、「笑い」の力で健康長寿の北海道をめざしてイベントを展開する。昨年は開催8日間で6万3000人の動員だった。

 今年は「笑いを力に!~笑顔でつながる179市町村~」をテーマに、2日から8日までの7日間開催。札幌コンベンションセンターをメイン会場に、お笑いステージから吉本新喜劇、食、各所ブース、ワークショップまでが同所で開催される。

 イベントにはそのほか、バッドボーイズ、とにかく明るい安村、パンサーの尾形貴弘、菅良太郎、ゆりやんレトリィバァも登場した。