強制性交罪で起訴された俳優の新井浩文被告(40)が主要キャストとして出演し、公開が延期になっていた映画『台風家族』(市井昌秀監督)が9月に3週間限定(9月6日~26日)で劇場上映することが決定した。キノフィルムズ代表取締役社長兼映画『台風家族』プロデューサー武部由実子氏が2日、報告した。

【寄り写真】カーテンで遮られた車内…新井浩文被告が乗った車

 書面では「ご存じの通り、出演者の1人である新井浩文氏が今年の2月に逮捕・起訴されたことを受け、弊社は6月公開予定であった本作の上映延期を決めました。延期を発表するやいなや、業界関係者の方々、俳優を生業にされている方々、そして多くのお客様から、『いつか公開される日を待っています。必ず公開してください』という多数のお声を頂いて参りました。またその一方で『公開などすべきではない』という厳しいご意見も多数頂戴致しました」と、これまでの経緯を説明。

 そんな中「市井監督がご夫婦で共著された原作小説となる『台風家族』が5月下旬に発売されたあたりから、より具体的な形で上映を望む声が弊社に集まって参りました」とし「それは、ツイッターから始まり、上映を希望する投稿や賛同の拡散が数えきれないほど起こり、イラストも書き添えられた手書きのハガキやお手紙が連日、何通も届くようになりました」と伝えた。

 続けて「どれもこれも、本作の上映を切に願うものであり、その全てに目を通させて頂きました。本当に有難く、胸が熱くなりました。これだけ多くの方々が『台風家族』の上映を希望されており、励みになればと、さまざまな形で想いをしたためてくださっている。この現実に、製作者である自分が何もアクションを起こさなくていいものなのか」との思いを明かした。

 「仮に本作品が今回の事件を想起させるものであれば検討の余地もありませんが、そうでないならば公開するという判断もあり得るのではないか。このように自問自答した結果の決断として、さまざまなご意見やご批判があるのは承知のうえ『事件と作品は別』という観点から公開に踏み切ることに決めました」と、公開に踏み切った。

 上映に関しては「本作のプロデューサーとして、スタッフとキャストが積み上げフィルムに焼き付けた“一瞬、一瞬という時間”を大切にしたい、そして、それは二度と取り戻せない時間でもある、という想いから、本編の再編集は行わず、そのまま上映をさせて頂く事に致しました」と伝え「勿論、我々のこの決断については様々なご意見もあるかとは存じますが、公開までの約1ヶ月における映画の告知に際しては、細心の注意を払って参ります」と記した。

 最後は「今回の公開時期・期間につきましては、一部で報道されております新井氏の公判日程とは一切関係がなく決められたものであることを念のため付言させて頂きます」と付け加えている。

 同作は、主演・草なぎ剛をはじめ、新井被告、MEGUMI、中村倫也、尾野真千子ら豪華キャストが顔をそろえた。物語は、2000万円を銀行から強奪し、一時世間を騒がせた鈴木一鉄(藤竜也)と、その妻・光子(榊原るみ)の夫婦。事件から10年経った2018年夏、事件後に行方不明になった両親の仮想葬儀で財産分与を行うため、どんな仕事も長続きしない小鉄(草なぎ)が妻・美代子(尾野)と娘・ユズキ(甲田まひる)を引き連れて実家へ戻る。再び集結した鈴木家を中心に大きな騒動が巻き起こる。