お笑いコンビのハイキングウォーキング、銀シャリが3日、北海道コンベンションセンターで開催中の『みんわらウィーク』内のイベント『芸人人生会議』に出席。一連の「闇営業」問題を巡り、所属事務所の吉本興業が揺れている中、報道陣から騒動を匂わせる質問が飛ぶと、絶妙なコンビネーションを見せた。

【写真】イベントに登場したアインシュタイン&銀シャリも

 同イベントは、吉本興業と厚生労働省とのコラボステージで、人生の終わりまでをどのように過ごしたいかという「人生会議」を“芸人先生”がネタとトークで紹介。イベント後の囲み取材で、ネタの中で「吉本やめようかな」と言っていたことをツッコまれた鈴木Q太郎は「オレはやめないですよ。(ほかの仕事が)ないもん。でも、スーパーマーケットの精肉部で4年間だけ働いていたことがあったので、またそっちに戻るしかないですよね。できるだけやめたくないです」と笑顔で明かした。

 一方の銀シャリは「8月11日から、神戸を皮切りに単独ライブ『まシャかリかついだ銀太郎』がスタートしますので、そこで漫才の意気込みみたいなのを見ていただけたら…。あとDVDも出ています。劇場がたくさんあるので、漫才師として頑張っていきます」とアピール。去り際には、ハイキングウォーキングが「吉本はみんなやめません!」と宣言し、報道陣から「謹慎されている芸人さんたちもやめない?」と聞かれると「やめないと思います」と笑顔で返していた。

 『みんわらウィーク』は吉本興業が北海道の協力のもと、お笑いの輪を全道に広げるイベントで、今年で4回目。8月8日を「道民笑いの日」と制定し、「笑い」の力で健康長寿の北海道をめざしてイベントを展開する。昨年は開催8日間で6万3000人の動員だった。

 今年は「笑いを力に!~笑顔でつながる179市町村~」をテーマに、きのう2日から8日までの7日間開催。札幌コンベンションセンターをメイン会場に、お笑いステージから吉本新喜劇、食、各所ブース、ワークショップまでが同所で開催される。

 『芸人人生会議』にはそのほか、アインシュタイン、つちふまズも出席した。