元NMB48で女優の市川美織(25)が3日、都内で自身の1st写真集『PRIVATE』発売記念イベントを開催。「フレッシュレモンになりたいの~」のキャッチフレーズにちなみ、「今は完熟レモンですか?」と聞かれると「まだフレッシュですが、25歳なのでちょっとは完熟した部分も見せていけたらいいなと思っていて…、人間的には完熟になりつつある」と大人になったとことを実感していた。

【写真】あざとカットを見せて照れる市川美織

 7日に発売される同写真集は、レモン大使に就任した広島でオールロケ撮影。浴衣姿、大胆な下着姿、妖艶なタイトドレス姿という大人カットや、レモン風呂での撮影カットなど代名詞であるレモン要素も収録されている。

 大人っぽいカットが多いそうで「そういうところではフレッシュレモン時代を知っている方はドキっとしてしまうかも?」と“大人”アピールした市川は、「『私の中にあったのか!』というくらい、ナチュラルだけと大人な25歳が見えた瞬間ですね。私は意外とお尻がキレイだなと思いました。表情もいいんですよね、誘っている感じが」と大胆な下着姿のカットを見せてニヤニヤ。

 自身のお気に入りカットは「『あざとプリン』と言われている写真なのですが、プリンが口についちゃって『ペロ~ン』と(あざとく)食べる瞬間の写真です。(女性には)ぜひ、プリンを食べる時にやってほしいですね、これで男性はイチコロです」と笑わせながら「『あざとプリン』ははやらせたいんです!」と“レモン”に続き“プリン”をはやらさせたいと宣言した。

 また、発売される1st写真集について「この歳で出させてもらえると思わなかったので、客観的に自分を見返すことができた写真集になりました。何年もこの業界に居ますが、まだまだやれることがあるんだなと思いました」と人生を振り返っていた。