フリーアナウンサーの田中みな実が2日、都内で行われたAbemaTVオリジナルドラマ『奪い愛、夏』(毎週木曜 後11:00※8日スタート)の囲み取材に登壇。連ドラは2作目の出演となる今回、共演の水野美紀からは「抜群に上手い」、松本まりかからは、「この先、みな実ちゃんが女優としてどこまで、すごいことになるんだろう」と、怪演や演技派として注目を集める女優2人から絶賛の声が相次いだ。

【動画】演技を絶賛された田中みな実

 今作はドロドロしてるけどキュンとするノンストップ恋愛ドラマ『奪い愛、冬』での怪演が話題を集めた水野と脚本の鈴木おさむ氏が再タッグを組み、全く別の“狂愛”ストーリーを描いていく。マッチングアプリ会社の敏腕社長・花園桜役の水野、桜から執拗な監視を受ける広報課社員の桐山椿役の小池徹平、椿の恋人で同じく広報課の空野杏役の松本、「桜様の従順なる下僕」である秘書の土筆肇役の小手伸也ら、クセ者キャストが顔を揃えた。

 「1話はクレイジーぶりは『冬』を超えている」と自信を込める鈴木氏によるエキセントリックワールドに臨んだ田中が演じるのは杏の親友で同じく広報課で働く井川瞳。最初は杏の良き相談相手だった井川だが後半にかけ変ぼうを遂げていくようで、鈴木氏も「こんな田中みな実さんは見たことがない」とニヤリ。小手は「抜群ですよ、抜群にイラッとする」とそのハマりっぷりを讃えた。

 水野は「前半の井川は会社でずっとお芝居をしてる。優しくてフレンドリーな社員を演じていてその部分が抜群に上手いなと思ってたんですけど、後半のブラック井川もまた抜群。通して見てこの役って田中みな実さんしかいない」ときっぱり。松本は「みな実ちゃんは完璧。私だったら難しいなと、思うことも、さらっと完璧にやりこなしてしまって、画面映りもすごくいい。ブラック井川を目の当たりにすると、もう本当にすっごいうまいです!」と興奮気味に伝えた。

 撮影を通じて田中は「私は結構顔を動かしがち。動かしたほうがかわいく見えるんですよ。でもドラマだと動かさないほうがワンショット収まるんだなって知って、後半は顔を動かさずに(カメラを)捉えてました」と勉強熱心な一面を覗かせると水野は「そういう自分を客観視することができる人なので役者さんに向いてる」と思わず感心。ベタ褒めを受け「こうやって支えてくださるみなさんのおかげで、のびのびやらせてもらってます」と謙虚に微笑んでいた。