ニターっと笑う表情や薄目でむっすりとしている表情など、その愛くるしい表情や仕草がインスタグラムで注目を集め、今や犬用シャツのモデルまで務めている、フレンチブルドッグのべんじーくん。飼い主であるDAIさん夫婦は、べんじーくんのほかにアメリカンショートヘアの猫・マロンちゃんも同時期に自宅に向かい入れ、一緒に暮らしている。さらにそこに娘さんも加わり、現在DAIさんは5人家族。娘と犬と猫、お互いにどんな影響を与え合っているのか、日々の暮らしの中で感じたことなどを聞いた。

【写真】「仲良すぎ…」娘さんとべんじーくんのふれあい 猫とのまったり写真も

■「人から感謝をされる」ことに毎回感動させられる

――べんじーくんを飼うことになったきっかけを教えてください。
【DAIさん】きっかけは自分たちへのクリスマスプレゼントとしてですね。僕は猫派、妻は犬派なのですが、ペットショップを何軒もハシゴして、同じ日にべんじー、マロンを家族として迎い入れました。名前の由来に関しては2匹とも響きです(笑)。マロンは猫派の僕が、べんじーは犬派の妻が命名しました。

――べんじーくんはどんな性格なのですか?
【DAIさん】マロンとずっと一緒に過ごしているせいなのか、犬ならではの活発さを彼は持ち合わせておりません。お散歩はほどほどで、おうちのソファで日向ぼっこをしながらゴロゴロするのが大好きです。一言で言うならば、“猫のような犬”ですかね(笑)。人間が大好きで上田家一の甘えん坊。ずっと私たちの足元から離れませんよ。

――アメリカンショートヘアのマロンちゃんとの関係性はどういった感じですか?
【DAIさん】取っ組み合いの喧嘩が毎日のように繰り広げられますが、その後は同じベッドで寄り添って眠っています。ペロペロと顔を舐め合ったりもしています…。もう完全に兄妹ですね。

――べんじーくんのインスタグラムにはたくさんのコメントが寄せられていますが、印象に残っているコメントはありますか? 
【DAIさん】「べんじー君、今日もありがとう!」というコメントには毎回感動させられます。人を元気づけたり感謝をされたり、そういったパワーがこの子にはあるんだなって。

■娘とべんじーは言葉ではなく「気持ち」で対話をしている

――インスタグラムでは、娘さんとべんじーくんたちの仲睦まじい様子がアップされています。娘さんが生まれたときには、べんじーくんたちはどのようにして受け入れていたのですか?
【DAIさん】妻が妊娠してお腹が大きくなってきた頃から、べんじーも何か大事なものがいるとわかっているような感じがしました。お腹にそっと寄り添ったり、上に乗っかったりしていました。生まれてからはあっという間に仲良しになって、いいお兄ちゃんをしてくれています。変わったことといえば、家の前を人や車が通ったら吠えるようになりました。今や立派な番犬です!

――娘さんとべんじーくんが一緒に暮らしていく中で、お互いにどんな影響を与え合っていると思いますか?
【DAIさん】一人っ子の娘がべんじーと一緒に暮らす中で、本当の兄妹のようにお互いに感じ合っているように思います。娘が泣いているときには真っ先に駆けつけますし、逆にべんじーが体調がすぐれなかったりするときには、娘が人一倍心配をしています。純粋な心で、言葉ではなく気持ちで対話をしているように感じられますね。

――では、DAIさんにとっては、ワンちゃん猫ちゃんはどんな存在ですか?
【DAIさん】最高のパートナーだと思っていますし、同じ命を持つ者として一生懸命に生きる姿にリスペクトをする毎日です。いなくなったらと想像して涙する夜も多々あります。とにかく溺愛しています(笑)

――今後はべんじーくんたち家族と、どのようにして過ごしていきたいですか?
【DAIさん】妻と娘とべんじーとマロンと僕。この5つの命が一つ屋根の下で、二度とない一日一日を過ごしています。全員が悔いのないよう、このメンバーで過ごす1秒1秒を大切に、みんなで分かち合って生きていきたいです。