声優の高橋李依が2日、京成曳舟駅で行われたテレビアニメ『からかい上手の高木さん2』と京成電鉄のコラボエリアオープニングセレモニーに登場。自身が演じるヒロイン・高木さんの等身大像を見て「駅でイベントをやるのは初めてで貴重な体験…」と緊張しながら「照れます!」と終始笑っていた。

【写真】ジッと見つめてからかってくる?等身大“高木さん”像

 これは、かねてより同作とタイアップ展開を行ってきた高木神社(東京都墨田区)が京成押上線沿線に位置することにちなみ、最寄り駅である京成曳舟駅にコラボエリアを設置。西口改札前に、高木さんたちが通う教室を再現したフォトスポットが設置され、高木さんの等身大像が登場した。

 高木さんの隣の席に座ると、彼女から話しかけてくれる仕掛けとなっており、高橋がデモンストレーションで座ると「『脇腹をつつけ』と言われました!」と興奮しながら「私自身はからかわれ上手だと思っているので、『からかってください!』という気分になってしまいました」とにっこり。「高木さんと目を合わせて照れている自分を、外から見られている感じがしてエンドレス“からかい”が起きている。(彼女から)からかわれています」と顔を真っ赤にしていた。

 また、コラボエリアの改札内には、高木神社とのコラボグッズである絵馬を飾ることができる「絵馬掛け」もあり、縁結びの神社としても知られる高木神社のご利益にあやかれる。

 『ゲッサン』(小学館)で連載中の同作は、恋愛に奥手な中学生の主人公・西片が、学校で隣の席の高木さんにからかわれる日常を描いたラブコメディー。高木さんをからかい返そうと策を練るも、いつも高木さんに見透かされてしまう2人のやり取りが人気で、2018年1月から3月に第1期、7月より第2期が放送されている。