ジャニーズJr.の人気グループ・宇宙Sixの原嘉孝が2日、東京・新国立劇場で上演される舞台『THE BANK ROBBERY!~ダイヤモンド強奪大作戦~』公開ゲネプロ後初日囲み取材に出席した。現場では演出の小林顕作から“ゴリラ”呼びされているという原。自身が「ジャニーズだから! この現場の人は僕がジャニーズだってことを忘れがち」と反発すると、小林氏から「(原が)自分のことジャニーズ、ジャニーズってずっと言うんです。こんな人初めて」とイジり倒された。

【全身ショット】舞台衣装で登場した原嘉孝、桜井玲香ら

 同舞台はイギリスで大ヒット上演中のコメディーが日本初上陸。1958年のアメリカ・ミネソタを舞台にハンガリー国王子からミネアポリス都市銀行が預かった非常に高価なダイアモンドを巡って、スリ、脱獄囚、泥棒、詐欺師たちが騙し騙されのサスペンス喜劇を繰り広げる。原がミネアポリスに住むスリの名人、サム・モナハンを演じているほか、この日はキャストの乃木坂46・桜井玲香、元木聖也、田中要次が参加した。

 劇中でのコメディエンヌぶりを報道陣から褒められた桜井は「私ゲラなのですぐ笑っちゃう…」と反省すると、原は「シリアスなシーンなのに僕の方見ると笑っちゃうんです」と困惑。さらに「最近、(小林氏が)ゴリラって言い始めて」とカンパニーでの扱いを嘆く原に、小林氏は「田中要次さん見るとゴリラなんだなって。そこから原くんを見ると原くんもゴリラだなって…」とポツリ。すぐさま原から「ゴリラJr.じゃないわ!」とツッコミが入った。

 台本が出来た当初、主演にも関わらず一人だけ歌のシーンがなかった原に、小林は「このゴリラさんが…『僕だけ歌のシーンがない』ってブーブーゴリゴリ言ったので、面白いなと思ってその日に帰ってつくった。ロンドン版にはないんです」とオリジナル楽曲を制作。そのタイトルは「俺に歌がなかったから」。「歌詞にも『ここで魅せなきゃ先輩たちに怒られる』って…、サムじゃなくて原の歌なんです。コメディーだから許される」と苦笑し、「ミュージカルで将来、大きな舞台に立ちたいのでその第一歩になれば」と健闘を誓っていた。

 きょう2日から12日まで東京公演、16日、17日には大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演。