ゲスの極み乙女。など4つのバンドを掛け持ちする川谷絵音が1日、ついにソロプロジェクト『美的計画』を発足した。第1弾として「KISSのたびギュッとグッと」を9日に配信リリースすることを発表し、ミュージックビデオ(MV)のショートバージョンを公開した。

【動画】美的計画「KISSのたびギュッとグッと」MV(ショートバージョン)

 ゲスの極み乙女。、indigo la End、ジェニーハイ、ichikoroと4つのバンドを掛け持ちしつつ、盟友・休日課長が率いるバンドDADARAYの新曲制作、新人歌手・結城萌子への楽曲提供、ドラマの劇伴など多岐にわたって活動している川谷が、ついにソロプロジェクト『美的計画』をスタート。川谷が手がけた楽曲をさまざまなボーカリストに歌ってもらうもので、最終的にそれらの楽曲で1枚のアルバムを完成させることを目標としている。

 第1弾のボーカリストとして選ばれたのは、女性シンガー・にしな。3月に川谷が自身のツイッターで「突然ですが、なんかカバーの弾き語り動画とかリプライで送ってくれたらもれなく見ます。一番良かった人には新曲作って、その曲あげます」との投稿に端を発した企画で、「声の良さがダントツでした。。本当良い。」と絶賛し、選ばれた。少し気だるさを感じさせる美しいハイトーンボイスが特徴的なシンガー・ソングライターだ。

 きょう1日に公開された「KISSのたびギュッとグッと」のアニメーションによるMVおよびジャケットのアートワークは、クリープハイプのトレーラー映像や東京モード学園2019年版CMイラストなどを手がける気鋭のイラストレーター・雪下まゆが描き下ろした。