俳優の大森南朋が主演するテレビ朝日系木曜ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』(毎週木曜 後9:00~9:54)。8月1日放送の第3話では、飯豊まりえが演じる新人解剖医・中園景が、たった一人で遺体の死因究明に挑む。

【画像】柚木と景の掛け合いもますます活発に!?

 同ドラマは、愚直なまでに真実と正義を追求する偏屈かつ無頼な解剖医・柚木貴志(大森)と、権力におもねり不都合な“事実”の隠ぺいに加担する「日本法医学研究院」院長の伊達明義(仲村トオル)の対立から生じる、真実をめぐる攻防を描く。

 第3話では暴力団員の射殺事件が発生し、耳を疑うような“ある理由”から、またも権力によって“真実”が闇へと葬られる事態が発生する。

 伊達の指名で、柚木は新人の景が担当する司法解剖に立ち会うことに。その裏で、伊達は副院長の橘祐輔(淵上泰史)を呼び出し、警視庁組織犯罪対策四課から託された射殺体の解剖を依頼する。被害者は暴力団員・千葉雄一(諫早幸作)。千葉は歓楽街のスナック店内で、腹部と眉間を撃たれて死亡。被疑者の暴力団員・伊沢明夫(高尾悠希)は逃走中だが、現場にあった薬莢から凶器はロシア製トカレフで、組員同士の抗争だと推測されるという。説明を受けた橘はさっそく解剖を開始するが、どういうわけか、わずか20分で終了。捜査内容および現場の状況と一致する、との結論を述べる。

 話を聞いた柚木は、あまりにも短時間すぎる解剖に疑念を抱き、解剖所見を見せるよう食い下がる。だが、橘はこれを拒絶。しかも、この解剖には不可解な点がほかにもあった。被害者の遺体はなぜか即座に、遺族のもとへ返されたというのだ。

 時を同じくして、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)と刑事・高橋紀理人(高杉真宙)も、千葉の殺害方法や四課の捜査体制に違和感を覚えていた。2人は真相を突き止めるため、裏ルートを駆使した独自捜査を敢行。やがて、明るみになればすべてがひっくり返るような“とんでもない事件の内幕”にたどり着く。

 そんな中、柚木に食らいつき、日々切磋琢磨している景が、今すぐ動かなければ永遠に真実が握りつぶされてしまうと直感し、たった一人で遺体の死因究明に挑む場面も。権力の魔の手が迫る中、覚悟を決め、遺体のある部屋にこもった景は柚木に電話。指示を仰ぎながら、“真実のサイン”を見つけ出すべく、真剣かつ鬼気迫る眼差しで、遺体の声なき声に耳を傾ける。第1話では柚木の解剖に恐る恐る立ち会っていた景。そんな新人解剖医が、法医学の未来を担う若手として大きな飛躍を遂げる。

 さらに第3話では、主要キャストである大森×松雪×飯豊×高杉の“正義のカルテット”が本格始動。遺体に残されたサインから真実をすくい取ろうとする柚木&景、そして妥協なき捜査で真実を突き止めようとする千聖と紀理人。それぞれの立場で漆黒の権力に抗う4人が初めてタッグを組み、暴力団員射殺事件を追跡していく。

 法医学でしかできないこと、刑事にしかできないこと、ある一定の決定権と豊富な経験を持つからこそ成し得ること、若さゆえに突破できること…。各々の切り札を持ち寄って連携を取っていく。今後さらなる巨悪に戦いを挑んでいくことになる4人が、その礎となる団結力を育んでいく過程が見どころとなる。