吉本興業は2日、反社会的勢力との闇営業問題などをめぐって設置すると公表していた「経営アドバイザリー委員会」の第1回を、8日午後2時から同社東京本部で開催することを発表した。

【写真】深々と頭を下げ謝罪する宮迫博之、田村亮

 同社は先月25日、同委員会の設置決定を発表。川上和久氏(国際医療福祉大学教授)を座長として、次の事項を諮問していく予定としていた。

お客様を第一とする理念のもと、
1. 反社会的勢力の排除のためのより盤石な体制構築
2. すべてのタレントとのリレーションシップ強化の方策
【タレントとの契約の在り方・マネジメント体制・悩み相談事・ギャランティに関する事など諸課題】
3. 現行のコンプライアンス体制の検証とさらなる強化
4. 吉本興業グループ会社のガバナンス強化の方策