ソーシャルゲームの企画・開発・運営事業を行う「i-tron」が1日、ポケラボとソニー・ミュージックアーティスツらと協力した、声優を題材にしたメディアミックプロジェクト『BATON=RELAY』(バトン=リレー)の詳細を発表した。

【写真20枚】キャラとリンクした若手声優16人の私服姿

 新世代声優ヒロインプロジェクトのメインコンテンツとして、ゲームはスマートフォン向けアプリで2020年に配信予定。現代の日本を舞台にプレイヤーは、最高の声を導く仕事=「ボイスディレクター」として、登場する16人の新人声優たちのアニメ出演を目指し声優活動をディレクションしていく。声優活動を重ねると、信頼度がアップしエピソードが開放され、声優たちの関係にも変化が起きる。

 キャラクターボイスを担当するのは、ソニー・ミュージックアーティスツ所属の14~22歳の新人・若手声優16人で構成。“新人声優”がゲーム内容とリンクする形となり、i-tronの牟田正社長は、「ユーザー様に、ゲームとリアルな声優たちの成長を体感してもらえればと思います」と狙いを伝えた。

 キャラクターデザインを漫画『神のみぞ知るセカイ』作者・若木民喜氏、メインシナリオを小説家・しめさば氏、アニメーション制作をアニメ『アズールレーン』のバイブリーアニメーションスタジオが担当する。

 音楽展開は、藍井エイルやLiSAなどが所属している音楽レーベルSACRA MUSICからCD展開が予定。プロローグ曲「Start me up」の作詞は、ヒット曲・修二と彰の「青春アミーゴ」を担当したzoppが務める。

 また、イベント展開も決定しており、14日に東京・ヤマハ銀座スタジオでアコースティックライブイベント、31日にアニサマ2019外会場のけやきステージ出演、今秋には単独イベントを開催。衣装・スタイリングは、乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」、6月19日に発売された『週刊少年マガジン』の漫画『五等分の花嫁』表紙などの衣装デザインを手がけた森俊輔、ダンス・振り付けは、『ラブライブ!』μ’sのテレビアニメ&コンサート振り付けを担当したコレオグラファーのMaiMaiが担当する。

■16人のキャラクター:キャスト名
桜美聡:白花恋香
日向葉澄:矢野妃菜喜
小見川薫:白河みずな
神宮凛々花:星希成奏
五条咲:たけだまりこ
高橋京子:ペイトン尚未
千歳つくし:小坂澄
椛坂冬華:岩倉あずさ
白川琴音:澤田真里愛
広瀬晶:水野朔
新瑞なお:潮先夏海
神崎千里:橘一花
戸田有理:鳴海夏音
村山萌:日原あゆみ
天神茉莉:天野彩葉
瀬戸ひなの:春咲暖