乃木坂46の梅澤美波、樋口日奈、AKB48の加藤玲奈、武藤十夢が1日、都内で行われた『知って、肝炎プロジェクトミーティング2019』に出席した。

【全身ショット】ブラックのシースルーワンピースで登場した梅澤美波と樋口日奈

 同プロジェクトは、肝炎に関する知識、肝炎ウィルス検査の必要性をわかりやすく伝え、あらゆる国民が肝炎の正しい知識を持ち、早期発見、早期治療に向けて自ら積極的に行動していくことを目的として、2012年より実施している。

 乃木坂46は昨年から同プロジェクトに参加。あいさつした樋口は「私たちのファンの方には小さい子から、大人の方までいる。このプロジェクトを通して、私たちの言葉で肝炎についてのことを伝えられたら」と意気込みを口にした。同プロジェクトに参加してからの変化について梅澤は「ポスターや動画を観たよ、とファンの方から聞けて、少しでも力になれていたらうれしい。これからも貢献できるように頑張りたい」と思いを語った。

 今年で7年目となるAKB48の武藤は「私たちは会いに行けるアイドルとして活動している。私たち同様、このプロジェクトもたくさんの方に身近に感じていただけるように」と意義を口にした。

 同イベントには杉良太郎、伍代夏子、EXILE(MAKIDAI、橘ケンチ)、岩本輝雄、w-inds.(橘慶太、千葉涼平、緒方龍一)、小橋建太、島谷ひとみ、清水宏保、瀬川瑛子、SOLIDEMO(シュネル、中山優貴)、田辺靖雄、平松政次、山本譲二も参加した。