歌手・浜崎あゆみ(40)が“歌姫”となるまでの軌跡がつづられた『M 愛すべき人がいて』(小松成美・著/幻冬舎)が8月1日に発売される。

【ツーショット写真】オーストラリア人俳優とスピード離婚したあゆ

 博多から上京した、わがままで寂しがりやな少女・あゆ。彼女を変えたのは、あるプロデューサーとの出会いだった。やがて2人は愛し合うが、思いのほか、別れは早く訪れる…。あゆの出会いと別れの物語、そしてスターダムへと駆け上がる物語。同書ではごく一部の人しか知りえなかった内容がつづられている。

 発売を前に浜崎は「もしも誰かに『今回の人生で一生に一度きりだと思えるほどの大恋愛をしましたか?』と問われたなら私は何の迷いもなくこう答えるだろう。『はい。自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました』と」とコメントを寄せている。