NHKは30日、京都アニメーションの放火事件をめぐり、同局のディレクターについて「容疑者と接点がある」などといった書き込みがネット上でされていることに関し「事実無根」と文書で否定した。

【動画】圧巻の映像美…京アニ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

 同局の公式サイトに掲載された文書では「京都アニメーションの放火事件に関するネット上の書込みについて」として、「この事件に関して、一部インターネット上で、特定のNHKディレクター名を挙げ、『容疑者と接点がある』、『現場で遺留品を回収した』などと事件に関連付けるような書き込みがされています」と報告。

 続けて「NHKのディレクターは、事件及び容疑者とは何の関わりもなく、これらの書き込みはいずれも事実無根です」と否定。また、「NHKの取材と今回の事件を関連付けるような書き込みも、明らかに事実と異なる誤った情報であり、こうした情報の発信は極めて遺憾です」と表明している。