SKE48のシングル「FRUSTRATION」が、初週売上32.1万PTを記録し、8/5付オリコン週間合算シングルランキングで1位を獲得。第1回目の発表となった2018年12/24付同ランキングで初登場1位を獲得した前作「Stand by you」に続き、2作連続の1位となった。

【写真】いたずらっぽい笑顔を見せる古畑奈和

 週間ポイントの内訳は、CDシングル:32.1万PT、デジタルシングル(単曲):552PT、ストリーミング:106PT。本作は、同週付週間CDシングルランキングで初週32.1万枚を売り上げ、「バンザイVenus」(2011年3月発売)から通算&連続21作目の1位を獲得。このCD売上枚数が大きく反映され、合算シングルランキング1位となった。

 「FRUSTRATION」は、5期生の古畑奈和が2011年のグループ加入後初めてセンターを務めた楽曲で、HIP HOPやレゲエのテイストを曲調に取り入れた、夏らしいアップテンポナンバー。ロサンゼルスで撮影されたミュージックビデオは、レゲエ風のクールなダンスや、メンバーが泡だらけになって踊るシーンが観どころとなっている。