テレビ朝日は30日、雨上がり決死隊・宮迫博之が出演していた『アメトーーク!』(毎週木曜 11:20)とロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)が出演していた『ロンドンハーツ』(毎週火曜 後11:20)に関して、10月以降も放送を継続することを発表した。

【写真】深々と頭を下げ謝罪する宮迫博之、田村亮

 両番組は芸人の反社会的勢力との闇営業問題をめぐり、吉本興業から処分を受けた宮迫・亮について6月末から出演シーンを編集するなどし対応してきた。

 同局は文書を通じ「10月以降の『アメトーーク!』『ロンドンハーツ』に関して、基本は現在の形態のまま、演出面を強化して放送を継続、営業活動も行ってまいります。ただ事態が流動的な面があるため、吉本興業、関係先と協議しながら対応して参ります」と発表。

 また同局は、吉本興業ホールディングスの株主として「コンプライアンス遵守の体制強化」「ガバナンス構築」などを求める申入書を26日付で吉本興業側に送付したことも明らかにした。

【吉本興業ホールディングスへの申し入れ書のポイントについて】

1. 本件の事実関係の調査および特殊詐欺の被害者に対する真摯な対応

2. 反社会的勢力との関係を遮断するための具体的な施策

3. コンプライアンス違反の事象が生じることを防止するためのガバナンスの徹底