お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二と西村瑞樹が7月31日、都内で行われた『LINE:ディズニーツムツム』真夏の新ツム発表会に出席。“闇営業”で謹慎処分となっている吉本興業所属の芸人が9月から復帰する報道を受けて、小峠は「謹慎期間を経ているので、何の問題もないと思う」とし、西村も「ちゃんと戻ってくるなら、ぜひまた一緒にやりたい」と歓迎した。

【写真】マーティ・フリードマンとYUKAがセッション

 以前吉本に所属していたバイきんぐ。今回の吉本興業の問題について小峠は「記者会見もされてましたし、全部出ちゃったような気がします。これ以上は大きくならないと思う」と冷静に分析。現在はソニー・ミュージックアーティスツに所属しているが「契約書はないですね。ほかの事務所の事情はわからないですけど、芸人はないんじゃないですかね」と今も契約書がないことを明かした。

 続けて「契約書があるのはコウメ太夫くらいじゃないですか? うちの事務所としてはコウメ太夫には出ていってもらいたい」と話し、報道陣の笑いを誘った。吉本時代は「底辺の底辺の時代で、ライブも月に1回あるかないかくらいだった。今とはレベルが違いすぎてなんとも言えない」と話していた。

 2人の関係性についても聞かれ、小峠は「楽屋では殴り合ってます。僕は寝る間も惜しんでネタを書いているんですけど、こいつ(西村)はずっとゲームしてるんで。殴るしかないですよね」とグチっていた。

 ダウンロード数が世界累計8000万を突破している人気スマートフォン用無料ゲームアプリの同ゲーム。あす1日から日本限定でQUEENメンバーが登場する。スキル発動時に、QUEENを代表する楽曲が流れる曲付きのツムとなっている。