女性6人組グループ・BiSHが、8月1日発売の『週刊ヤングジャンプ』35号(集英社)に初登場。表紙のほか巻頭&センター&巻末グラビアぶち抜き18ページを飾った。

【表紙カット】ファッショナブルな雰囲気のBiSH

 楽器を持たないパンクバンドとして注目を集めるBiSH。結成から1年でメジャーデビュー、昨年には横浜アリーナでのワンマンライブを成功させ、日本レコード大賞新人賞も獲得。破竹の快進撃を続け、あっという間にトップアーティストに駆け上がった

 今回はヤンジャン初登場にしてド派手に表紙&グラビアジャックに成功。多数の撮り下ろしカットのほか、大ファンだと公言している『花待ついばら めぐる春』の作家:スガワラエスコ氏による描き下ろし漫画や、プロデューサーである渡辺淳之介氏のインタビューなど、グラビアのみならずBiSHで満載の大特集が展開された。

 さらに10月19日に東京・渋谷ストリームホールで開催される同誌40周年イベント『ヤンジャン文化祭』でスペシャルライブを開催することが決定。同号についている応募券によるハガキ応募から、抽選で500人が招待される。