2005年に史上2頭目の無敗の三冠馬となったディープインパクトが、頚椎骨折により安楽死の処置を受けた。17歳だった。

【写真】ディープ甥っ子のキタサンブラックにも騎乗した武豊

 30日に社台スタリオンステーションのホームページは「ディープインパクト号 急逝のお知らせ」と題したエントリーを更新。「弊社にて繋養(けいよう)しておりましたディープインパクト号ですが、かねてより治療しておりました頸部の手術を7月28日に受けました」。

 「手術は無事に終了して術後の経過も安定しておりましたが、翌29日の午前中に突然起立不能になったため懸命の治療を試みました。30日の早朝にレントゲン検査を行ったところ頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないことから安楽死の処置が取られました」と報告。「突然の出来事で誠に痛恨の極みではございますが、謹んでお知らせいたします」と無念の思いをつづった。

 芸能界の競馬ファンにも衝撃が走った。ツイッターを更新したお笑いコンビ・麒麟の川島明は「ディープインパクトが天国へ旅立ったとの報せ。次元の違う走りで衝撃をあたえ続けた日本最高の名馬でした。産駒にもその強さは受け継がれ今もなお競馬界を創造し続ける偉大すぎる血統です。天国で名馬たちとのんびり走ってくださいね。本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました」と、しのんだ。

 カンニング竹山も「ディープインパクトを認めていなかった。完全に僻みであった。グラスワンダー、ナリタブライアン、オルフェーヴルと自分の好きだった馬の方が強いと意地を張り続けた。しかし突然の訃報。悲しくたまらない。だから本当の事を言います。あなたが日本競馬史上最強で最高の馬でした。感謝そして謝罪します」とした。

 かまいたちの山内健司も「めちゃくちゃ残念です。現役時代、そして種牡馬になってからも凄い活躍でした。間違いなく歴代最強馬の一頭だと思います。ありがとうディープインパクト。ゆっくり休んでください」と追悼した。

 グラビアタレントの倉持由香も一昨年に社台スタリオンステーションを見学した際のディープインパクト写真を添えながら「ツヤツヤしてて、引き締まってて、お尻がカッコよくて、オーラが凄いなぁ…って見惚れたのを覚えています。ご冥福をお祈りします」と歴史的名馬の急死を惜しんだ。

 ディープインパクトは武豊騎手を鞍上に迎えて04年にデビュー。05年のクラシック3冠を無敗で制した。通算14戦12勝、G17賞を含む重賞10勝という成績で現役を引退。種牡馬としても活躍し、多くのG1馬を排出。12年から18年まで7年連続でリーディングサイアーを獲得している。