フジテレビの笠井信輔アナウンサー(56)が30日、同局を通じて9月30日に退社するこを正式に発表。現在出演している『情報プレゼンター とくダネ!』(月~金 前8:00)も卒業し、退社後は、フリーへと転身する。

笠井信輔のプロフィール

 同日、一部スポーツ紙で退社やフリー転身が報じられていたが、書面では「本人の希望により2019年9月30日をもって、フジテレビを退社することが決まりました」と報告。

 笠井アナも「32年勤めたフジテレビは明るく温かく、かけがえのない実家のような存在です。定年まであと4年、オリンピックはお台場で来年開催なのに、“何故いま、出ていくの?”と皆さんから聞かれます」。

 「その答えは“もっと広い世界でしゃべりたい、書きたいから”。趣味が高じて年間約150本の新作映画と約100本の舞台を毎年観ていますが、局アナという立場では制限もあります。自分の知識や体験を生かした仕事にさらに携わっていきたいという思いから、退社を決断いたしました」と説明。

 10月以降については「まだ仕事は何も決まっていませんので不安がないといえば嘘になります。今までやれなかったバラエティや日本各地でのお仕事、ネットも含め何でもチャレンジしようと意気込んでいます」といい「ここまでの決断をしたのは人生初めてのこと。清水の舞台から飛び降りてどうなるのか? これからの笠井信輔、“神のみぞ知る”です。今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます」と呼びかけている。

 笠井アナは、早稲田大学を卒業後、1987年にフジテレビ入社。『めざましテレビ』『ナイスデイ』などに出演し、現在は『とくダネ!』のほか金曜日の『バイキング』などを担当している。90年にテレビ東京の女性社員と結婚し、3児の父。

■コメントは以下のとおり

「32年勤めたフジテレビは明るく温かく、かけがえのない実家のような存在です。定年まであと4年、オリンピックはお台場で来年開催なのに、“何故いま、出ていくの?”と皆さんから聞かれます。その答えは“もっと広い世界でしゃべりたい、書きたいから”。趣味が高じて年間約150本の新作映画と約100本の舞台を毎年観ていますが、局アナという立場では制限もあります。自分の知識や体験を生かした仕事にさらに携わっていきたいという思いから、退社を決断いたしました。

 この32年、情報番組・報道番組の生放送の仕事を中心に活動し、『とくダネ!』は今年で担当20年、映画紹介番組『男おばさん!!』は19年。局アナとしてこれほど幸せな人生はありません。視聴者の皆さんには、ほんとうに沢山の応援のお言葉と、そして、いまだ至らない部分が多いため沢山のご批判を頂いてきました。そのすべてが自分のこれまでの支えとなってきています。

 フリーになるからには覚悟がなくてはいけないと思い、『とくダネ!』も卒業する決断をしました。『とくダネ!』はもはや生活の一部、日常です。関係のみなさんにはいくらお礼の言葉を言っても足りません。特に、師匠ともいえる小倉智昭さんとは離れ難く、1年以上前からこの件について相談し、会社には昨年秋、報告しました。

 10月以降、まだ仕事は何も決まっていませんので不安がないといえば嘘になります。今までやれなかったバラエティや日本各地でのお仕事、ネットも含め何でもチャレンジしようと意気込んでいます。ここまでの決断をしたのは人生初めてのこと。清水の舞台から飛び降りてどうなるのか?これからの笠井信輔、“神のみぞ知る”です。今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます」