お笑いコンビ・なすなかにし(那須晃行、中西茂樹)、にゃんこスター(スーパー3助、アンゴラ村長)が30日、東京・新宿角座で『なすなかにしのオリジナルゲームライブ in TOKYO』に出演。アンゴラ村長はなわとびの新技を習得したことを明かした。

【写真】「クルーガー」を披露するアンゴラ村長

 ゲストで、なわとびしながら登場したにゃんこスターの2人。ただただゲームをするライブのため、なわとびをしないことを約束していたが、さっそく破って笑わせた。日本中に名を知らしめた『キングオブコント2017』から約2年が経過。毎日のように、なわとびしていた結果、技術も日進月歩で上達したそう。新技の「クルーガー」「トード」「モンキー」を披露し、大きな歓声が。続けて、三重跳びや足の下で交差する二重跳びをする連続技「SCC、SO、SO、360、TJ」と見事に成功させ、大きな拍手を受けていた。

 また、最近は3助もなわとびをしているそう。体力的な問題からアンゴラ村長ができない技ができることを明かし、それは「腕立て伏せの姿勢で起き上がりながら跳ぶ」というもの。実際に披露したが、あまりの地味さに中西から「おもてたんと違う!」と猛ツッコミを受けていた。

 レギュラーで出演している日本テレビ系『ウチのガヤがすみません!』で中西自作のオリジナルゲームで出演ゲストにおもてなしをして話題となっているなすなかにし。同ライブは番組同様にゲストをゲームでおもてなし。今回は『キングオブコント2017』で2位となったにゃんこスターをゲストに迎えてオリジナルゲーム大会を開催した。

 那須は「『ウチのガヤ』との癒着がスゴい」と苦笑いしながらも、おなじみの「ナンテイッテルノ?」、「嫌だな~」、新作「ザ・コミュニケーション」、「ハウ・トール・アーユー」、「大喜利ートファイターII」と実施。なすなかにしのライブだが、まさかの“ほぼにゃんこスターの客”というホームながら、なすなかにしが一日の長で見事に勝利していた。