よしもと発のアイドルユニット・つぼみ大革命が30日、都内で行われた“コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2019』の2回戦に挑んだ。

【ソロカット】アイドルユニット・つぼみ大革命

 同ユニットは“よしもと発めっちゃオモロいアイドル”をキャッチコピーに2010年4月に発足。メンバーを代えながらアイドル活動をメインとしてきたが、ユニットのさらなる知名度向上を目指してお笑いのビッグタイトルにも挑戦した。

 この日の大トリを務めた同ユニットは、出番を終えると「1回目より、めちゃくちゃ緊張しました。(せりふが多いメンバーが)1時間前からずっと『合わせよう』と言ってきて」と舞台裏を告白。1回戦挑戦後には、さまざまな反響があったようで「アイドルがコントするということで、お笑いファンの方にSNSで『お笑いなめんな』と言われたりして…。確かにいろんな気持ちがあると思うので、頑張って『よくやっているな』と誤解をときたいです」と意気込んだ。

 今後の目標については「私達がコントをしているというのをたくさんの人に知っていただけるように、あとは賞金がほしい」と声を弾ませていた。2回戦の結果は、8月3日に発表される予定となっている。

 プロ・アマ、芸歴問わず、所属事務所の垣根を越えてエントリー可能な同コンテスト。優勝賞金は例年通り1000万円。ネタの披露時間は、1回戦と2回戦は2分、準々決勝・準決勝・決勝は5分で、過去の準決勝進出者は1回戦が免除され、2回戦からの出場、過去の決勝進出者は2回戦が免除され、準々決勝からの出場となる。

 準決勝と決勝は同じ2ネタを披露し、決勝戦には予選を勝ち抜いた10組(予定)が進出。決勝戦のファイナルステージ進出は3組(予定)で、2ネタの合計得点で勝敗を競う。今秋開催予定の決勝は、TBSで放送される。