俳優の高橋一生が30日、都内で行われた電子書籍配信サイト『コミックシーモア』の新CM発表会にゲストとして参加。同CMで“精霊”となった高橋は「人間との距離感が大事」と妥協のない役作りを語った。

【動画】高橋一生、漫画好きな一面明かす「月曜日は少年ジャンプを買いに走った」

 新CMで高橋は女性を癒やすコミックシーモアの精霊に扮している。1日、仕事や家事を頑張った女性の元に登場すると胸元から電子コミックを差し出し「お疲れシーモア、する?」と優しくささやいている。

 高橋は「役者人生で初めての精霊役をやらせていただきました」とあいさつ。「まずは読む側の人間と、漫画という存在の距離感というのが大事になってくる。漫画は待っている存在。待っていて、読みに来てくれたら受け入れる。そういう感覚を大事にした」と役へのアプローチを語ると「そのへんは監督、スタッフさん、共演者の方とお話をしながらお芝居をさせていただきました。包容力は大事ですね」と、たとえCMでも手を抜かずに役作りをしたと明かした。

 自身にとっても漫画は身近なものだった。特に週刊少年ジャンプは思い出深いそう。「少年時代から好きなものは変わってない。『ドラゴンボール』や『ジョジョ』は、いまだに大好き。毎週月曜日は、こぞって早く売っているところ探して走って買いに行った」と少年時代を回顧。「フリーザ編は、ずいぶん戦ってましたね。でも、ぞれが興奮する。何が怒るんだ、と待ってる時間が」と懐かしんだ。

 「勇気づけてくれたり、哲学的なことも織り込まれている。一つひとつの漫画が血肉になっている」と話すと俳優という仕事にも役立っていると力説。「コマとコマの間に、どういう動きをしているかを想像する。想像力も培われる」と話せば「早い段階から没入している。役の心理を子どもながらに常に想像してました。漫画がなければ、お芝居のスイッチングの起点にならなかったこともあると思う。なので自分にとって漫画は、すごく大事になものだと思います」と熱い漫画愛を口にしていた。

 新CMは31日より全国で放送開始となる。新マスコットキャラのヨムビー、15周年キャンペーンも発表された。