モデルの松元絵里花が28日、東京・表参道にあるサラダ専門レストラン『エブリシングサラダ』で1日店長を行った。前日の台風接近の予報が出るなどしたが、この日は晴天と天気にも恵まれ、多くの女性ファンが来客。自身が考案した期間限定メニュー(7月12~8月11日)を配膳、食後にはメニューについての説明など、ファンとの交流も楽しんだ。

【写真】ファンとの交流も楽しんだ松元絵里花

 1日店長を終え松元は「コラボサラダのお話を頂いた時、とってもうれしくて、せっかく貴重な機会を頂いたからには食べた方に『おいしい!』と幸せな気持ちになってもらえるようなメニューを何度も試行錯誤しながら作りました!」とコメント。

 「今回一日店長という形でみなさんに直接食べた感想を聞けたり、笑顔で食べてくださってる姿を見れてホッとしました」といい「まだ8月11日までご提供しているので、表参道でランチに迷ったら是非食べに行ってもらいたいです!」とメッセージ。

 「そしてもっともっと料理の楽しさを共有したい!と改めて思ったので、いつかお客さんと一緒に料理教室! なんてイベントをしたいなと目標に頑張ります!」と力を込めている。